ピアノ紹介No117【 W.Hoffmann GrandPiano T-177 】

画像



ホフマンはベヒシュタイン社が

高品質、低価格のコンセプトの元に

100%ベヒシュタイン設計で製造された

ベヒシュタイングループの

エントリーモデルである。

製造はチェコのベヒシュタイン

ヨーロッパ工場であるが、

ここはかつて「ボヘミア」と言うブランドの

ピアノを作っていた工場を

ベヒシュタインが買収した工場である。

昨年ここでの生産台数は2500台でした。

ホフマンのグランドピアノには

トラディションとプロフェッショナルがあり

今回紹介するT177は奥行き175cmの

トラディションモデルである。

価格も350万円(2015年現在)と

ヨーロッパモデルの中では

とても買いやすい価格設定となっています。

しっかりとした設計コンセプトを持った

ヨーロッパピアノの中で、

ホフマンは最高にコストパフォーマンスに

優れたピアノと言えるでしょう。


社長

社長

過去のピアノ紹介はこちら
↓↓↓

http://ramurinrindori.at.webry.info/theme/79f282b2c1.html