テーマ:VIRA JAPAN

VIRA JAPAN  NO79 YAMAHA ELECTONE  D60

エレクトーンはビンテージ楽器になるのかどうか 少々悩むところではありましたが 1977年の製造で、製造からかれこれ40年になると言う事で 今回あえてビンテージ楽器の仲間入りをしました。 それがこのエレクトーンD60 引き取った時は全く音も出ず 修理が出来るのかどうかも不明でした。 廃棄寸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO78 Hammond Organ B-3& Leslie 122RV

今回入庫したハモンドオルガンB3とレスリー122RVのメンテナンスを開始 先ずは一緒に付いていた周波数変換器をチェック しかし、こちらはトランジスター異常で使用不可 修理費用と安定性を考えたら使用しない方が良いとの結論に達し こちらは廃棄処分とします。 ハモンド本体は使用頻度も少なく、程度は良好でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO77 RMI Electra-Piano & Harpsichord

RMI Electra-Piano & Harpsichord 300Bなる楽器をご存知の方は 大変マニアックな方でしょう。 つまりほとんどの方が知らない楽器だと思います。 本体はこんな感じ 音色はPIANO PIANO PP HARP HARP PP LUTE の3種類5タイプ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO76 Hammond Organ Commodore 328J3

今回ご紹介するのは【Hammond Organ Commodore Model.328J3】 修理をするかどうか悩まれていたお客様から 引取させて頂いた物です。 本当は手放したくはなかったのですが、 引っ越しを予定されており 泣く泣く手放す事になりました。 しかし、下見に行った時には電源は…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO75 CP70B納品完了

メンテナンスを完了したCP70B 程度の良い個体でしたので 順調に作業が進みました。 そして無事納品完了(^ ^) ちなみにCP70Bをセットした場所には 元々これが置いてありました。 そうです、CP4 これにはCP80からローズピアノ、 ウーリッツァー、そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO74 CP70Bメンテナンス作業

在庫でしまってあった ヤマハ CP70B とても状態の良いCPです。 そんなCP70Bを達人が 動作チェックとメンテナンス そして調律まで済ませました。 ショールームも工場も楽器が一杯で 外での作業となりましたが、 夕方までに全て完了 その後たたんでショールームへ格納…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA Japan 73 ビクトロンEO-M120オーバーホール NO2

電源スイッチを交換して 動作を、確認してみるとあちこちに 傷みが発生しておりました。 先ずは交換用のスピーカーで 音出しすると、音が出たり出なかったり ロータリースピーカーもノイズが 発生するので、分解して各部調整開始 3年前のビクトロンも同じ修理をしていました。 ↓↓↓ h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO72  ビクトロン EO-M120 オーバーホール

3年前にオーバーホールを依頼されたのと 同じ機種の、ビクトロンEO-M120 点検しようとしたら 電源スイッチが破損している パーツの事を達人に相談したら ちょっと待っててと2階へ しばらくしたら、同じパーツを持って やって来た。 なんでこんなパーツ持ってるの? 達人は本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハモンドB3とレスリー147売りたし情報

5年前にオーバーホールをした ハモンドB3とレスリー147のセット 希望価格130万円で売却希望です。 画像等は後日UPします。 ご興味ある方はお問い合わせ下さい。 フリーダイヤル 0120-045-845 社長
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハモンドオルガンC3 売り出し中50万円

ハモンドオルガンと言えばB3が有名ですが、 中味が一緒のC3と言うモデルが有ります。 B3がステージモデルなのに対して C3はチャーチモデルと呼ばれ 教会等での使用を目的として B3とはデザインが違います。 今回のハモンドオルガンC3は ライブ演奏を意識したモデルで、 MADE IN USAの 可搬用のキャス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO71  レスリースピーカーから火事に・・・?

2012年に当社でハモンドオルガンB3とレスリースピーカーの オーバーホールを承ったお客様より 「レスリースピーカーのあたりから異臭がする」 と連絡が入りましたので点検に伺いました。 こちらがオーバーホール時の状況です。 ↓↓↓ http://ramurinrindori.at.webry.info/2012…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハモンドオルガンとレスリースピーカーの位置

ハモンドオルガンB3と レスリースピーカーは 切っても切れない間柄です。 このペアーの醸し出す音色は 時代の変化に左右されない アナログの普遍性を兼ね備えています。 ところでB3とレスリー それぞれの立ち位置が有るのを ご存知ですか? ハモンドとレスリーを近付けて置く場合 それぞれの位置は上の画像のように なり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO70  Whisker ハモンドヘアー

ハモンドオルガンのメンテナンス及び修理作業の中で 常に気を付けなければならないのが Whisker若しくはハモンドヘアーなる厄者の発生である。 Whisker(ウィスカー)とは頬のヒゲとかネコのひげと言う意味です。 一見埃のようにも見えますが、実はこれがハモンドヘアー Whisker です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO69  ハモンドB3とレスリースピーカーの修理

内部改造の為に入り組んだ配線と格闘する事3日間?α 終わったかなと思ってもまた違う所で不具合を発見して回路図とにらめっこをする。 そんなことを繰り返しながらも、メンテナンス作業は着実に前進しています。 しかし配線を取り外し、オリジナルに戻す作業が こんなに手こずるとは予想していませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO68  ハモンドB3とレスリースピーカーの修理

ハモンドB3とレスリースピーカーの修理が部品待ちで保留となっていましたが、 部品も揃いやっと再開 改造部分をどう処理するかが課題でしたが、 かなりノイズを発生している事が分かったので 念の為に全てオリジナル状態に戻すことに決めました。 その前にまずはレスリースピーカーのモーター関連の再調整 レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO67  ハモンドB3とレスリースピーカーメンテナンス

現在2台のB3とレスりースピーカーの調整中 そのうちの1台は秋田からの修理ご依頼 これが色々とあって手間取っています。 パーツの劣化、改造、不明な配線等々 先ずはやっと入って来たレスリースピーカーのモーターの交換 いざ交換作業と思い、作業開始しましたが ベルトもささくれているし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO66  ハモンドB3とレスリースピーカー NO3

ハモンドとレスリーのメンテナンス再開しました。 前回は音が出るまでのチェックをしましたが、 今回はもう少し内部の詳細チェックに入ります。 音出しチェックをして行くうちに レスリーのロータリースピーカーの動作が不安定であるのを発見 早速モーターを外して調べてみました。 するとレスリーの回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO65  ハモンドB3とレスリースピーカー NO2 

修理でお預かり中のハモンドB3とレスリースピーカーですが まずは電源が入るかモータースタート すると、凄いモーターノイズ発生 これは各部のオイル切れのようです。 周波数変換の為かモーターも後付けになっていました。 また、そのほかにハモンド純正オイルを使用していなかったようで オ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO64  ハモンドB3とレスリースピーカーNO1

工房内にハモンドB3とレスリースピーカーが2台ずつあります。 1台は当社買取品、 もう一台はお客様からの修理品です。 この修理品の動作チェックを開始しました。 しばらく使用していなかったようで、中はカビが発生していました。 また、内部も改造してあり、その改造部分の機能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO63 ヤマハCP60M完成

昨年末に完成していたはずだった CP60Mですが、 年末ギリギリにアクションの不具合 を発見 そのままでも使えない事は無いのですが、 そこはやはり完璧を目指したい 年末年始、たかにも手伝って貰って 修理完了 ヤマハアップライトにはよくあるフレンジコード切れでしたが、 やはりビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO62 CP60mの調整

終わるはずの作業が 終わらない 鍵盤調整を行ない MIDIスイッチの調整も完了 これで全ての作業が完了と思ったが もどりが悪い鍵盤が二つ 再度アクションチェック フレンジコード切れ発見 たかちん、年内に仕上げるぞ ビンテージ楽器の事ならVIRA JAP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO61 ヤマハCP80とCP80Mの違い

ヤマハエレクトリック グランドピアノ CP80M さすがにCP80M の存在感は凄いですね!!! そのCP80と80Mが同時期にメンテナンスとなりました。 そこで興味津々、それぞれの違いを検証しました。 まずは鍵盤、皆さんはどちらがどれだかわかりますか? 長いほうがCP80、短い方がCP80Mなんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO60 コロンビア エレピアン EP880T

アップライトピアノのアクションで言う ジャックが動かない これでは鍵盤のタッチもおかしくなるし 打弦後(弦はないけど)弦に くっついたままになってしまう。 ピアノの場合と対処法が違い これはピアノの技術と 電気技術、それに今回は バイクの修理技術の三つが 上手くコラボレーションしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO59 コロンビア エレピアンEP880T

コロンビア エレピアン EP880T 40年程前の電子ピアノです これからメンテナンス作業開始 その一発目 本体の分解作業からつまづきました 全ての鍵盤をはずす為に 鍵盤一つに2本のネジが有り これを全部外さなければ 鍵盤は外せない コツコツ頑張ってやって行こう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO58 ハモンドコモドールの修理 Vol3

前回の修理でパーツの持ち合わせがなく 改めて鎌倉のブルーグルーヴさんへ お伺いしました。 前回の修理でドローバーの音は 問題なく出る様になりましたが、 アタック音が出ず、 パーツを持参して再度伺いました。 原因はノイズゲート回路のIC 3個が壊れていました。 無事に全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO56 ハモンドオルガン コモドール328修理VOL2

ハモンドオルガン コモドール328 リズム音は出るが他は全く出ない まずはスイッチを入れてみると アンプノイズが聞こえる・・・・? アンプは生きている そこで怪しい個所をいくつかチェック 先ずは-28V供給のタルタルコンデンサーを交換 次に、LOGIC P.W.B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO54 CP80  修理依頼

CP80の修理をご依頼されました。 遠方からわざわざ弊社にご依頼頂き、有り難く思います。 今回のCP80は外装はそれ程傷みもなく どこが悪いのかなと首をひねる位でした。 しかし本体を組み付けて弾いてみようとしたら あらまあ、鍵盤が動作しない ハンマーもバラバラになっている。 一体全体何が起こって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO53 ヤマノ ストップオルガン 修理 Vol 2

こちらは鍵盤裏側のスプリングです。 鍵盤を押すとピットマンと言う棒が このスプリングの取り付いた部品を押し下げ 空気が通りリードが振動して音が出る仕組みです。 昔のオルガンは良く考えられており まさにからくり人形のようです。 このオルガンは一度修理されており、 ビスがプラスネジに変わって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more