テーマ:アナログ・ビンテージ

ピアネット修理中

今日ピアネットの修理です 金属フレームを外した跡の ヒッチピンの穴を埋めています。 後に金属フレームを取り付けて 新たにヒッチピン用の穴を開け直します。 まだまだ続く根気の要る作業が続く 達人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアネット修理

先日入荷したグランドピアノの形をした ピアネットの修理再開‼︎ とても珍しい楽器なので はるとたかにもいろいろ教えてあげたい。 しかし残念ながら今日は たかもはるも休みだった 先ずは社長と修理の段取りを相談して 響板の塗装を剥離する 、 せっせとペーパーを使って 荒研ぎをして古いニスをとって行く。 同時に響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ARP AXXE KORG DELTA YAMAHA MX49

今日入荷したビンテージ楽器2台とシンセ1台 まずはアープ アクシス 今では使われる事の無くなった モノフォニック シンセサイザー つまり単音のシンセサイザーですが、 楽しい楽器である事は 間違い有りません 専用ハードケース付きです。 こちらはコルグデルタ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローズピアノ オーバーホール中

お預かり中のローズピアノマーク2 ハンマーチップの交換の他 劣化部品の交換を行い、 鍵盤調整もしました。 特にゴム部品、プラスチック部品は 劣化が進んでいました。 鍵盤もバフ研磨で美しく蘇りました もう一息で完了です。 達人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RD1000開梱

ローランドRD1000開梱致しました。 デジタルピアノというか、シンセに近いかも。 因みにローランドのローズピアノも似た様な物かな… 社長に聞いてみようかな。 たか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テクニクスデジタルピアノ SX PX105 N 鍵盤修理 VOL.2

テクニクスデジタルピアノ SX PX105 Nの鍵盤ユニットを会社に持ち帰って構造と動作、不具合の状況をチェックしました。 同じようにクッション用のフェルト部分が凹んでいるのに症状の出る所と出ない所がある。その原因を把握しなければフェルトをかって高さを調整しただけではいずれ同じ症状が出る可能性が有るので各部を細部に渡りチェック …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テクニクスデジタルピアノ SX PX105 N 鍵盤修理 VOL.1

お客様からこんなメールを頂きました。 「テクニクスデジタルピアノSX PX105 Nを保有していますが、鍵盤を叩くとカタカタやかましく使用に耐えません。(恐らく中の緩衝フェルトが磨耗した為と思われます。)メーカーに修理依頼したところ、「古い機種でもはやサポートできない。」との回答だったのですが、御社では修理可能でしょうか?宜しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHA CP80M 納品完了

5月27日、山梨県富士吉田市内の昭和大学構内の部室へのお納めとなりました。 今回も出荷までの調整作業で難しい所も有り、悩まされましたがお陰様で新たに解決策も発見しました。 そんなCP80Mを心待ちにしていてくれる方がいるのはとても有り難く嬉しい事です。 夕闇迫る道を走っていると、目の前に富士山が現れました。 中々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHA CP80M 出荷調整完了 27日納品

YAMAHA CP80Mの調整作業が完了し27日に山梨県へ納品となります。 今回のCPも部品の欠損等も有り、幾つか困難な作業が有りましたが まずは完璧に仕上がったのではないかと一人ほくそえんでいます。 欠損パーツについては試行錯誤の末樹脂でパーツを作ってみました。強度の心配があるのでいずれ金属加工でパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHA CP80M オーバーホール開始 Vol2

本日5月17日までに鍵盤、アクション、ピックアップ、電気回路、本体の調整及び補修・修理作業を完了しました。 まだこれから残りの調整作業や調律が残っていますので、作業完了は来週中となりそうです。 作業内容は当社独自のノウハウと企業秘密にしている(それ程の事でもないですが)手法がある為具体的には記載しませんが、元々素養の良い楽器…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHA CP80M オーバーホール開始 Vol1

CP80Mのオーバーホールを開始しました。 先ずは鍵盤とアクションの調整作業がから始めます。 本体を分解してパーツをはずして行きます。 内部は掃除機でホコリを取り清掃して行きます。 企業秘密?ですが、この間に幾つかのチェックと調整作業を繰り返しています。 鍵盤に割れと一見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40年ぶりの再開 アナログシンセサイザー アープ オデッセイ Arp Odyssey

友人宅から預かったアナログシンセサイザー アープ オデッセイを通電してみました。 私にとっては40年ぶりの再開です。 ケース内のクッションはボロボロになっており、本体もすすけていました。 コンセントにつないで電源をONにしましたが、パイロットランプはつくのですが音は全く出ません。 スライドスイッチも固まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP70A in Beijing

船便での発送が出来ずFedExでの航空便に変更して4月5日に北京に無事到着しました。 Rhodes 54とCP70Aとブルースリーのスリーショット ”Don't think. Feel!'が聞こえそう!!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yamaha Electric Grand Piano CP70A Vol.6

ハンダ付けの修理も完了しCP70Aは出荷の準備に入ります。 梱包は木枠梱包にすると金額がかさむ為エアーパッキンを使います。エアーパッキンと言っても通常のプチプチとは違い、重量物用のエアーパッキンを使用しました。 先ず本体をストレッチフィルムでぐるぐる巻きにしてから重量物用エアーパッキンを二重に巻きます。その上から段ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yamaha Electric Grand Piano CP70A Vol.5

ピックアップが故障又は断線すると言う事は非常に稀で考えにくい事だったので、一度弦を緩めてチェックを行いましたが同じ症状でしたので、今度は配線のチェックをして見ました。 該当箇所のピックアップから出ているコードはグレーです。 ピックアップ近辺を触ってチェックしてみましたが反応が無いのでグレーの配線を辿って基板側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yamaha Electric Grand Piano CP70A Vol.4

調律と本体のペダル動作調整も完了し本体を梱包する前に最終チェックをします。今回のオーダーは遠く中国北京からの依頼なので念には念を入れて完璧な状態で送り届けたと思います。 ところが何かおかしい。中央のGの音が歪む!!! もう一度本体をばらして原因究明 どうもピックアップがと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yamaha Electric Grand Piano CP70A Vol.3

鍵盤は一つづつ調整をしながら本体に取り付けて行きます。 動きが良いかチェックをしています。 白鍵・黒鍵共に動きを見ながら取り付けます。 鍵盤の調整が終わり、本体のクリーニング及び調整作業に入ります。 本体のすり傷やキズは補修して分らなくなるようにきれいに直します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yamaha Electric Grand Piano CP70A Vol.2

サウンドチェックの後、ピアノ本体を分解してクリーニングから作業開始します。 After the sound check, I will start work from cleaning to disassemble the piano 鍵盤、アクション、その他パーツ類を外し、パーツ毎にピアノの調整作業を進…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

CP70M 納品完了

2013年2月25日 CP70M無事に納品完了 ピアノの出力もMIDIの出力もOKでした。 長い道のりでしたが無事にお納めできました。 有り難う御座いました。 ビンテージ楽器の事なら VIRA JAPAN ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ http://ramurinrindori.at.webry.i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP70M 調整作業 Vol 7

本体の修理・調整作業が完了し残るはペダルの動作チェックと取り付けチェックです。 ペダルは過般型のためワイヤーで固定する仕組みになっていますが、このワイヤーが殆どの場合切れてなくなるか 紛失してしまっているので代わりの物を作らなければなりません。今回はチェーンを使いました。 またペダル動作時のノイズ軽減のために各コネ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

CP70M 調整作業 Vol 6

CP70Mの調整作業も最終段階に入って来ました。 下調律の後に出荷調律を行います。 この後パーツ類の取り付けとペダルの調整作業等を行い、最終チェックの後納品となります。 続く ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ http://ramurinrindori.at.webry.info/201302/article_33.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

CP70M 調整作業 Vol 5

MIDI スイッチの交換も終わり、いよいよ調整作業も終盤に入りましたが、ここでパネルのイコライザースイッチが入っていないと音が出ない為、スイッチの交換修理をします。 当初CP60の基板とそっくりそのまま交換しようかと考えましたが、サイズや形状は一緒でしたが良く見るとパーツの内容が違っていてそのままでは動作に不具合が起こる可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP70M 調整作業 Vol 4

MIDI KEY スイッチを交換しても同じ音程2音が3オクターブ出ない事から、どうも基板の腐食が原因のようです。 これではKEYスイッチを交換しても改善されないはずです。 そこで心臓移植ならぬ基板移植を敢行する事にしました。 丁度同じ時に引き取ったアップライト型 エレクトリック ピアノ CP60が有りましたので、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP70M 調整作業 Vol 3

鍵盤の張替えが終わり、次にMIDIのチェックに入ります。先ずは鍵盤を取り付けて音出しの後MIDI OUTからの信号をチェックします。この時にMIDIチェッカーを使って信号のチェックをします。MIDI音源等が無い時に便利なチェッカーです。 チェックの結果、MIDI出力が無いKEYが有りました。それも全部で8音 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP70M 調整作業 Vol2

CP70Mの鍵盤の裏にはMIDI用の接点スイッチボルトが打ち込まれている為、通常の鍵盤張替え用事具は使用出来ません。 そこで登場するのが前回プレイエルのグランドピアノの象牙鍵盤を貼り直す時に使ったクランプとフェルトを貼った平板のセット。今回もこのセットが活躍しました。 とにかく正確に貼り直す事を念頭に置いて慎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP70M 調整作業開始

ご成約頂いたCP70Mの調整作業を開始しました。 良い音出していますが、調整は結構やる事が多くなりそう。 先ずは、鍵盤を外して中のホコリを吸って仕事開始 外した鍵盤は調整の前に白鍵に割れが入っていたり欠けていたりする物を貼り替えます 貼り替える為に破損した鍵盤を剥がします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP70M 良い音出しています

2013年1月19日、遠路はるばるお客様にお見え頂き、CP70Mをご成約頂きました。 外装は傷んでいますが、中はしっかりしおり試弾の際も良い音を出していました。 お客様が演奏される曲がこのCP70Mに本当に良くマッチしており、後ろで聞いていて感動すら覚えました。 何か、とても心地よい時間と空間を頂いたような感覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノ紹介No,21【Yamaha ElectricGrand CP70M】

高さ94.1cm 奥行き104.7cm 間口129.6cm 112kg こちらのCP70Mもライブスタジオで使用されていたもので、やはり外装の傷みが激しいです。 久しぶりのMIDI対応の70Mで内部の電気回路は完動品すので、しっかりとメンテナンスをして参ります。 仕上がりをご期待下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノ紹介No,20【Yamaha ElectricGrand CP70B】

高さ94.1cm 奥行き104.7cm 間口129.6cm 112kg こちらのCPはライブスタジオで使用されていたもので外装の傷みが激しいです。 鍵盤の破損も有り修理に少々時間がかかります。 電気系統他の機能は問題なく作動していますので仕上がりを楽しみにしていて下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more