テーマ:ビンテージ楽器紹介

CP80 メンテナンス開始

先日買取しましたCP80Bのメンテナンスを開始しました。 今回のCPは管理状態が良くとても程度の良い物です。 ワンオーナーでご自宅のリビングに設置していたので、これ位程度の良いものは中々無いでしょう。 外装もとても綺麗で、メンテナンスも楽です。鍵盤とアクションの調整の為、アクションと鍵盤を外します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビンテージ楽器紹介 No,4【RhodesPiano MK-II 88】

【RhodesPiano MK-II Suitcase 88】 先日入荷した【RhodesPiano MK-II Suitcase 88】です。 1982年頃のモデルでしょうか・・・88鍵のタイプは比較的珍しいですよね! これから調整作業に入ります。 価格は税込み¥300,000です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビンテージ楽器紹介 No,3【Rhodes Piano】

ビンテージ楽器紹介 No,3【Rhodes Piano】 Fender Rhodes Mark I は1969年~1974年まで製造されたモデルですが、 こちらのローズピアノはパネルの形状やデザインから判断して、 1975年~1979年に製造されたモデルと思われましたが 正確には1979~1983年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP80 アナログ・ビンテージ楽器を取り扱う時のご注意

CP80を初めアナログ・ビンテージ楽器を扱う時にはそれなりの作法が有ります。 作法などと言うと大仰ですが、例えばレコードをかける時はアンプのボリュームは0の状態でレコードに針を落としその後部ボリュームを上げるとか、レコードが終わった時はボリュームを下げてから針を上げるだとか、必然的に生じる作法が存在します。 CP80等も作法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP80Mの不具合について

先般お納めしましたCP80Mについて、お客様より不具合の連絡が入りました。早速修理に伺いましたが、引き取っての調整依頼となりましたので、早速引取りさせて頂きました。 8月に入ってから本体を組み立て動作チェックと不具合箇所の点検を致しました。 不具合の箇所は ①ペダル突き上げ棒の本体接続部分の金具が外れた。 ②ダン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビンテージ楽器紹介 No,2【Columbia Elepian EP708T】

【Columbia Elepian EP708T】 つい先ほど入庫したOLDエレピアンです。 このタイプは鉄琴と同じ仕組みで音を出すので【Fender Rhodes】の代わりとして使う方もいるそうです。 暫くは当社に有りますので気になる方はご連絡ください。 〒243-0804 神奈川県厚木市関口466…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more